Glexa グレクサ:モデルケース

Glexa グレクサ:モデルケース

全国10万人以上が学習するeラーニング

学習に必要な「読む・書く・聞く・話す」の4技能を網羅したeラーニング機能が特徴的。また、受講者の成長へとつなげるポートフォリオや協調性を高めるグループやコミュニケーション機能などを採用した、今までにない新しいeラーニングシステム「Glexa(グレクサ)」です。

Glexaの導入事例

Glexaの導入事例

北海道大学国際広報メディア、北海道大学獣医学部、北海道医療大学、北海学園大学、北海道教育大学札幌校、北海道教育大学旭川校、北海道教育大学函館校、札幌大学、札幌国際大学、西野学園、帯広畜産大学獣医学部、釧路公立大学、函館工業高等専門学校、信州大学、身延山大学、筑波大学、日本大学、松本大学、明治薬科大学、青山学院大学、神田外語学院、神奈川県立東部総合職業技術校、中部大学、名古屋女子大学、名古屋市立西陵高等学校、豊田市教育委員会、京都大学、兵庫教育大学、石川県立大学、福井大学医学部、中央情報専門学校、広島文教女子大学、山口大学獣医学部、山口県立大学、長崎短期大学、鹿児島大学獣医学部、鹿児島女子短期大学、笠岡市立小中学、昭和大学病院 など(順不同)

※ 京都大学は、Glexaのシステムエンジンを利用した導入事例です。
※ 2017年5月時点での集計データです。


北海道大学

北海道大学

全国で始めてGlexaが導入されたのが地元の北海道大学です。2007年から北海道大学のオンライン英語教育のためGlexa運用が開始されました。現在では、北海道大学1年生の単位取得必修のメインシステムとして導入・運用されています。

【引用】: 北海道大学のモデルケース

ブレンデッドラーニングで英語の学習

ブレンディッド・ラーニングで英語の学習

北海道大学の英語コースは、オンライン学習で授業準備とレビューを行い、授業で対面して会話をする授業を提供しています。
受講者が自宅で予習を行い授業中は、実践やグループワークをすべて英語で行い英語力を高めます。

今までにない学習体験を目的としたシステム

今までにない学習体験を目的としたシステム

北海道大学の河合剛先生とVERSION2社が授業実践や研究目的で開発した複数のシステムを踏襲しながら、今までになかった学習体験を提供するプラットフォームとして「Glexa」が誕生しました。

北海道大学 河合剛先生

Glexaは話す練習と書く練習ができる世界的にユニークな自律型学習システム。諸君の先輩が育てた北大独自の教材を学んで、世界を舞台に活躍しよう。

北海道大学 河合剛先生

日本を訪れる海外の受講者たちと学園生活を楽しんだり、英語の口語表現を使えたり、授業を英語で受けたりできるようになれば、皆さんの受講者体験も豊かになるし、就職活動に自信がもてる。
キャンパスで会話する、ディスカッションする、レポートを書く、プレゼンテーションするといった英語活動の素地を作るために、北海道大学の新入生全員がGlexaを使っています。

- Goh Kawai -

広島文教女子大学

教育の質的転換をめざす広島文教女子大学が、ICTを活用した環境づくりを整備した際にアクティブ・ラーニング教育の中で、Glexaを活用しているケースになります。講義収録、動画編集、教材作成配信する環境を実現する中で、学内LAN環境を利用してGlexaは、受講者がいつでも視聴できる環境を整えています。

【引用】: NTT西日本 広島支店(外部リンク)

広島文教女子大学

Glexaを活用した学習や人材教育など、目的に合わせた提案をご覧になりたい方は、次の「ソリューション事例」をご覧ください。


サービスに関するお問い合わせはこちら